体や心の悩みを解消させる【メンタル元気生活】

吃音を治療

海

治すことはできます

吃音になる原因として考えられるのが、脳が正常に信号を送ることができないため声帯がうまく開きにくいことが考えられます。子供の頃のしつけが厳しかったため萎縮してしまい、言語に影響を与える場合があります。自分が吃音であることを理解している人は、人前で話すことが苦手になり症状を悪化させることになります。けれど吃音を治した人もいて、医療機関で治療をすれば治る可能性があります。医療機関で治療をする場合は、心療内科や耳鼻咽喉科に行った方が良いです。治療にかかる金額は、保険が適用できるかどうかで大きく変わってきます。一回のカウンセリングで、一万円ほどかかる場合もあります。

症状について把握しよう

幼児期に吃音があっても大人になれば治ることがありますが、大人になっても治らない場合は治療の必要があります。大人になるまで吃音がある人は、自分に自信を無くしている人が多く会話が苦手です。そのため人前では緊張して声帯が閉まりやすくなり、吃音がいつもよりひどくなります。吃音を治すには、この心理的緊張を緩めなくてはいけないのです。また言語訓練士による指導を受ければ、スムーズに言葉が出るように訓練することも可能です。吃音の克服には長い時間がかかる場合もありますが、続けていくことで少しずつ改善していきます。人と話をする時にはまず深い深呼吸をして、ゆっくり話すように心がけると良いです。心がリラックスすることで声帯が開きやすくなり、吃音もあまりでなくなります。